札幌手稲で手すり取付修理

 札幌で手すりを取りつけて25年

 

ただ 手すりを付けてしまう 所も多い。

 

手でつかんでも、つかんだままで、身体を、持ちあげたり、動かす事が出来なくては、手すりとは 言えない。

 

 家庭内事故の中でも多いのが階段からの転倒です。階段での事故は重症化しやすく、お年寄りや足元の見えにくい妊婦さん、階段を上手に降りることができない幼児にとって大きな危険ゾーンになっています。


事故の原因は、足の踏み外しや滑り、足元の見えにくさなどです。これらをひとつひとつ対策して、安全な家にしましょう。

まず階段に手すりが無い場合は、できるだけ速やかに手すりの取り付けリフォームを行いましょう。また足元が薄暗い階段は危険です。足元まではっきり見える明るい照明を取り付けましょう。

注意したいのが、階段全体は明るいのに、足元が身体の陰になって薄暗くなってしまっているケースです。足元がはっきり見えるよう、照明器具は明るさだけでなく、取り付け位置もよく確認しましょう。足元を的確に照らす、照明器具付きの手すりもあります。

 

病院や福祉施設、一般住宅で手すりをたくさん取り付け実績がありますので、手すりの事についてお気軽にご相談ください。

足元がハッキリとみえます。

上からだけの照明では、影ができて見えなくなることがあります。

階段安全、滑り止め 
階段安全、滑り止め、 

住いの角から身体を守る、コナーセイフテー。

コーナーセイフティーは階段の滑り止めだけではなく、転倒による、怪我を防止します。

このような、階段に付ける物はあまりありません。

しかも、ただのスポンジではありません。

耐久・耐候・絶縁性に優れた機械製品向けゴム

EPDMスポンジはエチレン、プロピレン、少量のジエンから成る三元共重合体で、その特性は耐候性、耐オゾン性、耐熱老化性、耐薬品性、低温特性、電気絶縁性の優れたゴムで車両、機械、建築土木、電気、化学工業用パッキング材として使用されています

 

コーナー部分やいろんな凹凸にもフィット。軽くて柔らかいゴムスポンジのクッションカバー。

【用途】柱、コーナー部分、H形鋼など、色々な凹凸箇所の保護・衝撃吸収。

【材質】〔本体〕EPDMスポンジ〔粘着剤〕アクリル系

【サイズ】6.5mm(厚)×75mm(幅)×5m巻き.10m巻き

 

お子様や赤ちゃんを守る「コーナーセイフティー」。机の角や、壁への衝突、テーブルの足などに取り付けて、クッション効果で守ります。

抗菌清潔で圧倒的長持ちEPDMスポンジ。

購入はこちらから

札幌手稲手すり 
札幌手稲手すり 

住まいでの事故防止は、建築工房えんどうにご相談ください。病院、福祉施設でたくさんの取付け経験があります。

 ご相談

 札幌手稲手すり取りつけ 
 札幌手稲手すり取りつけ 

札幌手稲で住いの事故防止のための、リフォームや手すり取付は25年の実績の建築工房えんどうに、お任せください。

ご相談

札幌手稲トイレ手すり 
札幌トイレ手すり 

トイレ手すり、樹脂製L型

15,000~

札幌手稲トイレ安い手すり
札幌手稲トイレ安い手すり 

ステンレスとげんこつブラケットで手すり

これで 6000円

 札幌手階段安い手すり
 札幌階段安い手すり

階段にゲンコツとステンパイプ

4mで材工込み、15,000  円

 

札幌手すり取り付けにおける、提案

■ユニットバスに手摺を後付けしてみよう
 
北国では、今や定番のユニットバス。
断熱材ですっぽり包まれて、とても温かく防水性にも優れています。
各メーカーも競い合って、オシャレで機能満載の製品が目白押しです。
しかし安くなりましたねえ。

ところが手摺が欲しくなった時に困ってしまうのが、ユニットバスなのです。
薄いパネルの構成だから、ビスだけでは荷重に耐え切れません。

そこで今回は、ユニットバス専用の後付け用手摺の取付にチャレンジしてみました。
取付用の穴開け作業がポイントになりますよ。


   



■作業
今回使用したTOTO製の後付け用手摺は、壁面に直径50mmの穴を開けなくてはいけません。
そのための工具が必要となります。
本当は、専用サイズのキリ(ホルソー)が有れば理想的ですが、DIYで今後も色々なサイズの穴が開けられるよう、自由キリ(金工用)を購入しました。

今回は、扉の横壁に長さ600mmの縦手摺と、浴槽の横壁に長さ400mmの横手摺を取付ました。

それでは作業手順をまとめましたのでご覧下さい。
 

この部分に手摺を取付けます
 

手摺部品です


自由キリ(金工用)です


ドリルにキリを付けて穴を開けます。
最初にφ3程度の下穴を開けておき
ましょう


上下2ヵ所の穴が開きました


直径5cmの穴を開けました
パネルの目地から10cmは離しましょう


裏あて金物が馴染むように、少し
多めに断熱材を剥がしておきます


パッキンを貼り付けます


裏あて金物を挿入します


ひもを引っ張ると、金物が十字に
展開します


金具をパッキンに貼り付けます


架台を仮止めした状態で、ひもを
切って抜いてしまいます


スパナで確実に締め込みましょう


架台の取付完了です


架台はナット状になっています


手摺を架台ナットで絞め付けます


確実に締め付けましょう
 


縦手摺の取付完成です


横手摺の取付完成です