札幌自然素材家 ママ 
札幌自然素材家 ママ 

ママが笑顔になれる家だから、家族みんなも笑顔になる。

温もりを感じさせる無垢の床材、手ざわりの良い自然由来の壁材…。
そんな本物だけで建てられた小さな家〈ママ〉
カフェ風やアンティーク調など、お好みで様々なテイストのオシャレ空間を実現します。
忙しいママのために家事をサポートする、間取りの提案にもご注目ください・

 

 

 

札幌本物自然素材家を作る建築工房えんどう。は24年間シニアのためのリフォーム専門でやってきました。

長年リフォームを行なっていますのでお客様の1棟1棟を長期的にメンテナンスするのは、どこより得意です。

リフォームをしていると、足が地冷たいとよく言われます。

新建材のフローリングそのものが冷たいのが、やすら木で勉強するとわかりました、接着剤が冷たくしているのです。

北海道の冬でも素足で歩き回れる、無垢材を使って、足元が暖かい家作りをします。

最近は健康志向で、ビニールクロスから珪藻土や漆喰などを希望する方もいますが、市販の物は殆どが接着剤入りで、自然素材とは言えません。

私は本物自然素材を使います。

なんでもそうですが、呼吸をしないといけません。吸湿効果の高い無垢材や塗り壁剤を使い、呼吸の出来る部屋を作ります。

接着剤や塗料など、目に見えないところまで配慮して本物自然素材を使います。

限られた予算の中で健康に良い部材を使えるように、コストダウンを徹底します。

モデルハウスなどコストの上がるものは持たず、その分健康に良い部材を回します

全国画一的な家作りはしません。地域の気候に配慮した、国内産材を使います。

お子様が健やかに育った証として印をつけられるような大黒柱を用意します。

 

材料や手間がかかるので、年間5棟までしか施工できません。

数をこなすことが目的ではないので、多店舗展開はしません。

目に見えないところの施工に手を抜かないように、信頼できる職人しか使いません。

お客様のアレルゲンとなる化学物資を出しやすい新建材を使いません。

接着剤や塗料など、と隠れた化学物質の発生源となる建材を使いません。

少しでも健康に部材にお金を回せるように、無駄な宣伝広告はかけない。

お役様のご家族全員の健康を扱うので、手を抜くことは絶対にできません

  シニアの皆さんの家を見て、思うことがたくさんあります

皆さんがシニアになった時に後悔しない、家・住まいを提案します。

たくさんリフォームをしてきたからこそ、提案できることが私の最高の自慢です。

たくさんリフォームをしてきたからこそ、提案できることが私の最高の自慢です

 

女性が楽しい家作り

玄関を2つにしてスッキリ

家族は車庫の玄関、お客様は普通の玄関に分けました。

旦那さんや子ども達が帰ってくると玄関に靴が散らかり、その光景を見るだけでそれらを片付けなければならないと思うとイラッとすることはあると思います。このように片付いていない時に限って、宅急便や近隣住民の人など来客者があるものです。この不満を解消するために動線を二つに分けたのです。

家族用の方は大きな玄関収納スペースを靴箱として活用します。靴を脱ぎ、横には出し入れしやすいシューズクロークが広がれば、旦那さんや子ども達も自ら自分の靴を管理するようにもなると期待しています。

靴や傘だけでなく、ベビーカーや三輪車、外用のおもちゃや洗車用品など外で使用するこれらもきちんと収納できる広さにゆとりのある玄関収納スペースにしました。メインの玄関に靴や物が溢れることがなく、いつでもお客様をお通しできます。女性が楽しい家ができます。

札幌自然素材家 
札幌自然素材家

階段はリビングに。

従来のように玄関近くに階段があることで、帰宅してそのまま二階の自分の部屋へ行き、子どもがいつ帰宅していつの間にか外出していたということもあり得るのです。しかしリビング階段にすることで、家族がいるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋に行けないようにしておくことで、リビングで家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションも生まれやすくなるのです。親は子どもの表情を伺うことができるため、変化にも気づいてあげやすくなります。リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げているというデータが出ていると言います。家族関係の良好さは子どもが犯罪に手を染める割合を減らすことにも繋がるのです。

リビング内に階段を設けるスタイルは、階段がリビングのインテリアの一部のように存在しています。一見、リビングに圧迫感を与えるような気がしますが、スケルトン階段にして明るさや視線を繋げることで圧迫感を与えることなく、リビングのインテリア要素も兼ねているのです。リビング階段には魅力がたくさんあります。リビング階段を取り入れことで。家族の繋がりを感じることができます。女性・ママも家族も楽しい家ができます。

 

札幌自然素材家  
札幌自然素材家 

札幌自然素材家 
札幌自然素材家 

ママが主役の家作り。

リモコンキーが便利

玄関は住宅の第一印象にも大きく影響してきますし、防犯性にも配慮しなければいけません。今は玄関ドアにはボタンが設けられるものがあり、リモコンキーをポケットやカバンに入れておけば、そのボタンと押すだけで二つのロックが解錠されます。小さい子どもを連れて外出するとすぐに両手はふさがってしまいます。このような場合でもカバンから玄関鍵を取り出す必要がないので、スムーズに室内へ出入りできるのです。また買い物からの帰宅時は荷物も多いです。このようなシーンでも鍵を探し、取り出すという手間が省けるだけで便利で行き来のしやすい玄関になるのです。

またドアが閉まると自動施錠されます。バタバタで外出すると鍵の閉め忘れでヒヤヒヤさせられることもあります。しかしこのような玄関ドアにすることで鍵の閉め忘れでヒヤヒヤすることも、もう一度自宅へ引き返し確認する手間もかかりません。玄関ドアはついデザイン性ばかりに注目してしまいがちですが、機能性や防犯性に注目することで安心して暮らせる家になるのです。ママが主役の家ができます。

 ただし、あるお宅で、まだ外に親がいるのに「鍵は家の中」お子様がドアを閉めてを「閉まった!」。しまいました。まだ小さいので、鍵を開けることができません。

鍵を預けていた、おばあちゃんが来るまで、外で待っていました。こんなこともありますので、注意しましょう。

 

女性にとってキッチンは新しい未来への始まり。

ホーローは強い素材

中もベニヤでないので長持ち。キッチンに必要なものはたくさんあります。お皿や調理器具をはじめ食材に調味料、ストック用品にお米など意外と収納しておきたいものがあるのです。それらをきちんと整理して収納できるスペースを確保しておくと、キッチンをスッキリときれいな空間へすることができます。

そしてシンクや作業台の高さです。長時間キッチンで立ち仕事をしたことなかったので気づきませんでしたが、シンク・作業台の高さは大変重要です。高さが自分に合っていなければ腰を痛めたり、肩こりの原因にもなります。自分に合った高さにオーダーメードすることで無理な姿勢になることもなく作業がしやすくなりキッチンでの仕事がより楽しく快適になることでしょう。

キッチンのスタイルですが、キッチンに居ながらリビングやダイニングにいる家族を見渡せ、目を見て会話ができるように対面式のオープンスタイルのキッチンが理想です。またカウンターキッチンにすることでバタバタする朝食はサッと調理した食事を出し、すぐに食べれるというのは効率よく忙しい時間にはもってこいです。キッチンをオープンスタイルにすることで開放的で空間を広々と感じさせることができますが、その反面常にきれいにしておかないと目につきやすくもなります。シンクに汚れたお皿が溜まっていたり、生ごみなどが目につけば衛生的にも良くありません。しかし急な来客の時もあるでしょう。そんな時にはシンクにフタができキッチンをスッキリと見せる工夫をすることも大切です家事をスムーズに行えるようにするといいのです。

家事効率が高まることで家事の時短に繋がり空いた時間を自分の時間として楽しめるのです。
それを実現するためには間取りが非常に重要になってきます。
キッチンで家事をしながら洗濯をするということがは多いです。
キッチンと洗面室の行き来をスムーズに動線を短くしておくことは家事の時短に大きく繋がっていくのです。
キッチンと洗面室を一直線の動線にするといいと思います。ママ、奥様が楽しく、主役の家です。

行き来はしやすく動線もスムーズです。

ウッドデッキは便利で、心安らぐ場所。

リビングの延長として過ごすことのできるウッドデッキは、ペットと過ごす場所として、子どもが遊ぶスペースとして、天候のいい日には食事をしたり、お茶をしたりいろいろな楽しみ方ができるのです。ウッドデッキと室内をより自然な形で繋ぐため、リビングとウッドデッキの境にはできるだけ段差を設けないようにしました。段差なくフラットに繋がることでリビングの延長として過ごしやすくなりますし、小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来ができるのです。

また行き来がしやすくなることで、いつまでもウッドデッキスペースを大切にしようという心掛けも高まるのです。またリビングとウッドデッキを繋ぐ窓は大開口のものを選びました。リビングからは庭の景色が一面に広がることで、まるで絵画を見ているかのような気持ちにもさせてくれるのです。室内との距離を縮めてくれるだけでなく、庭でバーベキューをしたりなど、庭で過ごす際にもこのウッドデッキが役立つのです。ウッドデッキで過ごす時間は自然と隣り合わせて心地よい一時となるのです。アウトドアリビングを楽しめる家にしてみてほしいと思います。ママ、家族が主役の家です。

新築の時から室内乾燥機をつけましょう

梅雨時期や悪天候時など衣類を屋外に干すことができない日というのは意外と多いです。室内に干すが、なかなか乾かず衣類からは部屋干しの嫌なニオイが発生したりと室内干しへの不満を感じている人は多いのではないでしょうか。室内に干してもカラッと乾いてくれればいいのに・・・と感じてしまうものです。最近では、屋外だけでなく室内用の洗濯物干し場をきちんと設ける家庭は非常に多いです。

しかし室内に干した衣類がきちんと乾く環境であるのかということまでしっかりと考えて設置する必要もあるのです。

衣類乾燥除湿器。これは部屋に干した衣類を、効率良く乾かすことができる家電です。まず幅広く風を送ることができるため洗濯物を一気に乾かせます。また洗濯物の干し方や量に合わせて最適な送風モードを選ぶことで、より衣類をしっかりと乾かせ、またクローゼットや靴箱、浴室などの湿度が高い場所の乾燥なども用途に合わせて風向きを選ぶことができるので幅広い活用法ができるのです。ママが主役の家です。

リビング収納でストレス減をらす。

リビングは人が集まる場所です。家族が長時間過ごしますし、家に遊びに来たお客様をお通しします。人が集まる場所は必然的に物も増えていくのです。リビングの床に持ち歩いたカバンが置きっぱなしになっていたり、着ていた上着がソファの上に置きっぱなしになっていることも多いです。また子どものおもちゃも散らかることが多く、その光景をみると片付けを行う主婦はストレスになります。だからこそリビング収納はしっかりと設けておきましょう。

室内から見えない収納スペースにしたことです。このようにすることで、見せたくない日用品や掃除機などをスッキリと片付けることができるのです。ここには小窓を設けて収納スペースの明るさを確保でき、また窓を開けて空気の循環に役立てることもできるのです。このリビング収納を設けたことで、お客様が来た時も上着をきちんとコートクロークに一時置きでき、リビングに物が散らかりにくくなりました。

子どものおもちゃもここにしまっています。下段部分の子どもが出し入れしやすいところを利用することで、子ども達が自らおもちゃを片付ける習慣も身に着けやすくなりました。人の集まるリビングだからこそ収納を充実させる必要があるのです。ママが楽しく、主役になる家です。


本物自然素材の価格とは。

自然素材を使っている、他社との違い

 

先ず、床材は宮崎飫肥杉を浮造り加工した無垢材、更に10枚に1枚しか取れない無節を使用。

 

壁は、沖縄の海で取れた、珊瑚の塗壁、京都の織物壁紙を使用。

 

天井材は、無垢杉板や無節リブ羽目板さらに、巾木や廻り縁、窓枠も全て無垢材。

 

建具材は天竜檜や杉を使った本物無垢。

 

大黒柱は奈良吉野檜200年ものを標準仕様

 

これらが、コミコミです。

 

どうぞ他社と比べてください。

 

自然素材とその他の工事もコミコミです。

札幌自然素材家 
札幌自然素材家

本物自然素材の家 焦る必要はないのですが、金利1%の差額で健康住宅を逃すのはもったいない。

 ・ 1%の差額で今と3年後では大きく違う・ 今40坪の家でも、30坪しか建てられない

・ 消費税のUPや、住宅ローン減税は別・ 金利1%以上 、上がる可能性も否定できない。