物より事

続きを読む

夜長の明かり

夜が長くなってきました。光りの質や明るさで、生体リズムが変わります。寛ぎや、楽しさが得られる効果もあります。

日が短くなると、うつ病が多くなります。これは、光りに明暗サイクルがメラトニンの分泌に影響するためだそうです。

メラリニンは明るい白色光りを浴びると抑制され、活動的になります。

暗くなると、分泌され、眠くなえります。

 深夜トイレに行く時は、寝る前の明るさでは、目が覚めてしまうことがありますので、足元灯やコンセントライト、最近のウオシュレットについているほのかライトなどを利用しましょう。  
札幌手稲住宅リフォーム
建築工房エンドウ
www.endou-koubou.jp